Vivienne Westwood MAN 特殊な着合せ


春らしくなった、と言うよりも暑くて仕方無いです。まともに羊毛や革を羽織れぬだけで何とも言えない倦怠感があるのは大袈裟だけど本当だ。何よりも上着が好きです。インナーの類を殆ど持ってないので、毎年夏になると苦労してます。大体が素直にTシャツ着ていますが、負けた気分になります。どんなに暑くても長袖を、そう思ってはいますが、汗で服が蝕まれるのを思うと、結局洗い易いTシャツになります。毎年夏になると全敗です。半袖だけどシャツ等よりも凝った物を、と探してはいます。でもベストだけは駄目です。あんなの中が半袖だと木こりですから。

*

先月末から彫金が本格的にスタートしました。現在、銀が物凄く高騰していて、かなり出鼻を挫かれました。切ない位に庶民的な工夫とも言える技術で半ば無理矢理に制作していますが、一応、アクセサリーになる前段階まで漕ぎ着けました。しかし、完成予定の腕輪が阿呆みたいな量の銀を使う物であり、尚且つバットマンが使っている武器をモチーフにした物なので、「これで本当に作って良いのか」と言う自問自答を無限に繰り返しており、中々次の作業に移る決断を下せません。練習段階にも関わらず只管見直し中です。保留も検討。

*

所有や対人に飽き、何も欲しくなくなり、幸福に無関心で、閻魔帳にある自分の名前等の因業の類ばかり気にするのは、禅の様に思えても単純に無気力や半死半生なだけで、何に至る事も無いだろう。身に降り掛かる全ては出鱈目だし酷く恣意的で、その殆どが不幸だから、打ち込まれる儘にしか生きられず、這い上がる事を忘れさせる。実際、今は何に値しようとも思えない。でも隠している本心へ労力を使える様になる時が亦来るだろうと、蓋然的に考え結論から自分の身を守り。でも最終的に断定してしまった事があり、世界がこれ一つだけで自分にとって化け物だらけと言う事と、待てど努めど今から先しか無いと言う事で、虫食まれ。

*

恒河沙の甲が舎利なる江河瀉痢。
2011/10/25(火) 10:50 過去の日記 記事URL COM(0) TB(0)

コメントフォーム

以下のフォームからコメントを投稿してください

この記事へのトラックバック

トラックバックURL