Vivienne Westwood MAN レザーブルゾン


Vivienne Westwoodを着ている割には地味だと稀に言われますが、そんな子供服みたいな物を量産してたのは何十年前の話です。昔の物も昔の物で良いと思いますけど、若い日本人が着ても餓鬼にしか見えんでしょう。僕は出来るだけ、少しでも良いから垢抜けたいです。と言っても度を越して派手な服も十分持っていますけどね。でもそう言うのは、ある程度年齢を重ねてから着ないと乳臭いと思うので、慎重に着ています。最近は革ジャンばかり羽織ってます。何着かありますが、茶色のを頻繁に着ています。革に限らず、茶色い上着って、どう合わせたら良いのか、難しいです。取り合えず黒いジーンズに焦げ茶色のブーツを履いていますが、無難過ぎます。もっと思い切った事したいです。色々と吟味しています。

*

最近になり、やっと色々な活動を再開してます。辛いですけれども、反芻する暇を与えない程、無暗に作業をする事によって、何とか、何となく、存えています。僕は今、潔くも意思的でもないから生きている。色々と起こる事はどうしようもなく好い加減で、出鱈目ばかりだから、自分もそんな風になってしまえば良いと思っている。少なくとも今だけは。容易く適当に生きよう。自分が苦しんでいる姿を周りに見せない事は、他人に対する義務や礼儀でもあるから、だから気楽に何も考えん、その素振だけでもしよう。少なくとも今は。何時までか分からぬけど。

*

クリスマスは友達と飲んでます。今年で5年目。
2011/10/25(火) 10:37 過去の日記 記事URL COM(0) TB(0)

コメントフォーム

以下のフォームからコメントを投稿してください

この記事へのトラックバック

トラックバックURL